1.目的
@真実の報道を通じて世界の報道を守る
A言論・出版の自由を守る
Bジャーナリスト相互の親睦をはかり、生活の向上を計る
C世界のジャーナリストとの連絡、協力、交流をはかる
D不当に圧迫されたジャーナリストを支持、援助する
2.名称
名称を「日本ジャーナリスト会議」、略称「JCJ」とする。 
3.所在地
会議の本部を東京都に置く。 
4.事業
会議の目的にそい、次の事業を行なう。 
国内各分野のジャーナリスト間の交流と協力。 年間のすぐれたジャーナリズム活動または作品に対し、別に定める選考規定により、日本ジャーナリスト会議賞(JCJ賞)を贈り、顕彰する。海外ジャーナリスト、ジャーナリスト団体との連絡、交流、国際会議への参加。 
機関紙(誌)出版物の発行。講演会、研究会の開催。ジャーナリズムに関する調査、研究活動。 ジャーナリズムに関する正しい理解を一般に広めるための活動。 ジャーナリスト連帯基金の設置。 
他団体との協力活動。 
その他、会議の目的に適する活動。
5.組織
会員は、会議の目的、規約に賛成するジャーナリスト及びジャーナリズムにたずさわる者とする。 
会議の趣旨に賛同する者を賛助会員とする。賛助会員は活動に参加できるが、議決権はない。 
会議への加入は個人加入とし、入会、退会は直接に本部、あるいは支部を経て申し込む。直接本部に申し込む場合は、会員一名の紹介を必要とする。 
本部に事務局をおく。 
会員三名以上で支部を設けることができる。 
6.運営
この会議は、総会、運営委員会によって運営され、代表運営委員(複数)によって代表される。また、名誉会員、顧問をおくことができる。 
総会 
この会議は年1回総会を開くほか、運営委員会が必要と認めた場合、臨時総会を開く。 会員はすべて総会に出席する権利がある。会員はすすんで総会に出席し、積極的に意見交流を図り、その総意にもとづき会議の運営の方針を決める。
運営委員会は総会で報告を行う。 
総会は全員投票のための投票管理委員3名を選ぶ。 
運営委員会 
運営委員は、別に定める運営委員選挙規則により選出される。 
運営委員会は、代表委員(複数)、事務局長(1名)、事務局次長(若干名)を選出し、会計監査2名を互選する。 
運営委員会は、運営委員及び代表委員、事務局長、事務局次長によって構成される。 
運営委員会は、規約改正の場合を除き運営委委の過半数の出席によって成立する。ただは委任状による出席は妨げない。 
運営委員会は、総会の方針にもとづき、この会議の運営に関する事項を決定する。 
運営委員会は、つぎの場合に招集される。
A.定期運営委員会(年6回)
B.代表委員の合議より、必要と認めたとき
C.運営委委員の3分の1以上からの要求があったとき
D.会員の10分の1以上から要求があったとき
各運営委員は、代表委員、事務局長、事務局次長とともに日常の業務を分担し、この会議の運営に責任を持つ。 
名誉会員・顧問(省略) 
7.会計
会議の会計は、会員の会費、事業収入、寄付によって運営される。 
会員の会費は別に定める。  会費は月額千円とする。但し、地方支部においては五百円を支部費にあてることができる。 
会計報告は年1回、総会において行う。 
8.全員投票
(省略)
9.規約及び運営委員選挙規則の改正
(省略)
運営委員選挙規則
(省略)
日本ジャーナリスト会議賞・新人賞選考規定
JCJ賞を参照のこと
*省略部分を知りたい方はJCJ事務局宛「規約全文」をご請求ください。


 JCJの規約

JCJとは JCJの規約 ■JCJの歴史 ■JCJの組織と活動 ■入会申し込み 地図