この10年のJCJ賞一覧

〔黒田清JCJ新人賞、JCJ市民メディア賞を含む〕

 
  【1998年】第41回
〈本賞〉「核の20世紀/訴える世界のヒロシマ」平和博物館を創る会・日本原水爆被害者団体協議会
〈奨励賞〉「劣化ウラン弾報道」毎日新聞東京本社外信部
〈奨励賞〉「映像90/薬害ヤコブ病・谷たか子の闘病記録」毎日放送道局社会部
〈特別賞〉「人間の戦場/広河隆一の全軌跡」広河隆一

【1999年】第42回
〈本賞〉「生命のゆくえ/検証・脳死移植」高知新聞社社会部
〈本賞〉「30年目のグレーゾーン/環境汚染とこの国のかたち」富山テレビ放送報道部
〈奨励賞〉「防衛装備品調達に絡む不正の追及報道」毎日新聞東京本社社会部
〈特別賞〉「日本の出版印刷労働運動/戦前・戦中篇」横山和雄

【2000年】第43回
〈JCJ大賞)「連載『被曝と人間』『知られざるヒバクシャ/劣化ウラン弾の実態』」中国新聞社編集局
〈JCJ賞)「平和資料館展示変更問題」琉球新報社社会部
〈JCJ賞)「片山隼君の交通事故に端を発した交通問題/犯罪被害者対策キャンペーン」毎日新聞東京本社社会部
〈JCJ特別賞)「セミパラチンスク/草原の民・核汚染の50年」(高文研)森住卓


【2001年】第44回
〈JCJ大賞〉「遺言/桶川スト−カ−殺人事件の深層」(新潮社)清水潔
〈JCJ特別賞〉「『いのち』の近代史/『民族浄化』の名のもとに迫害されたハンセン病患者」(かもがわ出版)藤野豊
〈JCJ賞〉「人間として/ハンセン病訴訟原告たちの闘い」南日本放送・ハンセン病問題取材班
〈JCJ賞〉「殺さないで/児童虐待という犯罪」毎日新聞東京社会部取材班

【2002年】第45回
〈JCJ大賞〉「防衛庁情報公開請求者リストの闇利用をスクープ」毎日新聞東京本社社会部・大治朋子
〈JCJ賞〉「医者井戸を掘る/アフガン旱魃との闘い」(石風社)中村 哲
〈JCJ賞〉「雑誌『世界』による9・11以降の一連の“平和報道”」岩波書店『世界』編集部
〈JCJ賞〉「パーキスタン発/オバハンからの緊急レポート」(創出版)督永忠子
〈JCJ賞〉「映像01/出所した男」毎日放送ディレクター里見繁
〈JCJ特別賞〉「『女性国際戦犯法廷』の組織活動と法廷記録の制作」 VAWW-NET JAPAN
〈黒田清JCJ新人賞第1回〉写真「ごみ捨て場にいきるひとびと」宇田有三

【2003年】第46回
〈JCJ大賞〉「名古屋刑務所における人権侵害問題スクープ」朝日新聞社名古屋本社
〈JCJ賞〉「ハンセン病問題『判決』後のスクープと長期連載」熊本日日新聞社 ハンセン病取材班
〈JCJ賞〉『南京戦・閉ざされた記憶を尋ねて/元兵士102人の証言』(社会評論社) 松岡環
〈JCJ賞〉『食肉の帝王/巨富をつかんだ男、浅田満』(講談社) 溝口敦
〈JCJ賞〉『メディアの敗北/沖縄返還を巡る密約と12日間の闘い』琉球朝日放送
〈JCJ市民メディア賞第1回〉『毒ガスの恐怖再び』東海大学文学部 「ミネスタウエーブ」制作班
〈黒田清JCJ新人賞〉書籍『お兄ちゃんは自殺じゃない』(新潮社)三笠貴子

【2004年】第47回
〈JCJ大賞〉「北海道警察裏金問題に対する一連のキャンペーン報道」 北海道新聞社・道警裏金問題取材班
〈JCJ大賞〉「外務省秘密文書の暴露と地位協定の改定を目指すキャンペーン報道」 琉球新報社・地位協定取材班
〈JCJ賞〉『戦場の「慰安婦」/拉孟全滅戦を生き延びた朴永心の軌跡』(明石書店)西野瑠美子
〈JCJ賞〉「月刊写真誌『DAYS JAPAN』創刊号以来の戦争告発報道」(デイズジャパン発行)発行・編集人、広河隆一
〈JCJ賞〉受賞作:NNNドキュメント'04『大地を踏みしめてもう一度』日本テレビ制作スタッフ
〈JCJ市民メディア賞〉『世界は変えられる/TUPが伝えるイラク戦争の「真実」と「非戦」』(七つ森書館)TUP(平和をめざす翻訳者たち)
黒田清JCJ新人賞〉書籍『9・11ジェネレーション/米国留学中の女子高校生が学んだ「戦争」(集英社新書)岡崎玲子

【2005年】第48回
〈JCJ賞大賞〉『リトルバーズ/戦火のバグダッドから』ドキュメンタリー映画と著書(晶文社)綿井健陽
〈JCJ特別賞〉『未来をひらく歴史/東アジア3国の近現代史』(高文研)日中韓3国共通歴史教材委員会
〈JCJ賞〉『戦後60年キャンペーン/新たな視点・証言で探る沖縄戦』沖縄タイムス・戦後60年取材班
〈JCJ賞〉『マーシャル諸島/核の世紀』上下巻(日本図書センター)豊ア博光
〈JCJ賞〉『沖縄/よみがえる戦場』 NHK沖縄放送局
〈JCJ市民メディア賞〉ビデオ『辺野古の闘いの記録』(沖縄平和ネットワーク)大島和典
〈黒田清JCJ新人賞〉ドキュメンタリー映画『にがい涙の大地から』海南友子

【2006年】第49回
〈JCJ大賞〉『「共謀罪キャンペーン」など一連の「こちら報道部」の報道』東京新聞特別報道部
〈JCJ特別賞〉録音構成『ヒロシマ ナガサキ 私たちは忘れない』(CD9枚組)伊藤明彦
〈JCJ特別賞〉ドキュメンタリー映画『三池 終わらない炭鉱(やま)の物語』監督・熊谷博子
〈JCJ賞〉『沖縄返還密約/元外務省高官証言スクープ』北海道新聞記者・往住嘉文
〈JCJ賞〉『明仁さん、美智子さん、皇族やめませんか』(大月書店)板垣恭介
〈JCJ賞〉『シリーズ・言論は大丈夫か/第1回「ビラ配りと公安警察」/第2回「共謀罪とは何か」テレビ朝日・朝日放送「サンデープロジェクト」取材班
〈JCJ市民メディア賞〉『きのこ雲の下から、明日へ』(KTC中央出版)斉藤とも子
〈黒田清JCJ新人賞〉『報道が教えてくれないアメリカ弱者革命』(海鳴社)堤未果

【2007年】第50回
〈JCJ大賞〉〈新聞長期企画と写真集〉『水俣病50年』熊本日日新聞
〈JCJ賞〉〈新聞長期企画〉『挑まれる沖縄戦/「集団自決」問題キャンペーン』沖縄タイムス
〈JCJ賞〉書籍『「改憲」の系譜/9条と日米同盟の現場』(新潮社) 共同通信社
〈JCJ賞〉『生きさせろ!/難民化する若者たち』(太田出版)雨宮処凜
〈JCJ特別賞〉〈ドキュメンタリー映画〉『ひめゆり』(製作プロダクション・エイシア)監督・柴田昌平、共同製作 財団法人沖縄県女師・一高女ひめゆり同窓会
〈黒田清JCJ新人賞〉『コバウおじさんを知っていますか/新聞マンガにみる韓国現代史』チョンインキョン(鄭仁敬)(草の根出版会)

【2008年】第51回
〈JCJ大賞〉〈新聞長期企画〉「新聞と戦争」朝日新聞特別取材班
〈JCJ賞〉〈新聞キャンペーン企画〉「揺らぐ安全神話・柏崎刈羽原発/中越沖地震からの警告」新潟日報取材班
〈JCJ賞〉「セーフティネット・クライシス/日本の社会保障が危ない」NHKスペシャル取材班
〈JCJ賞〉 森達也『死刑─人は人を殺せる。でも人は、人を救いたいとも思う。』朝日出版社
〈黒田清JCJ新人賞〉城戸久枝『あの戦争から遠く離れて─私につながる歴史をたどる旅』(情報センター出版局)

【2009年】第52回
〈JCJ大賞〉本年は該当作なし。
〈JCJ賞〉半田 滋 『「戦地」派遣─変わる自衛隊』 岩波新書
〈JCJ賞〉NHKスペシャル 「こうして”核”は持ち込まれた─空母オリスカニの秘密」
〈JCJ賞〉熊本日日新聞 「川辺川ダムは問う」
〈黒田清JCJ新人賞〉早川由美子監督 「ブライアンと仲間たち─パーラメント・スクエアSW1」

【2010年】第53回

〈JCJ大賞〉本年は該当作なし。
〈JCJ賞〉琉球新報 連載「呪縛の行方」を中心とする「普天間問題」のキャンペーン報道
〈JCJ賞〉沖縄タイムス 連載「迷走『普天間』」を中心とする一連の報道
〈JCJ賞〉信濃毎日新聞 キャンペーン報道「笑顔のままで 認知症-長寿社会」
〈JCJ賞〉白戸圭一『ルポ 資源大陸アフリカ─暴力が結ぶ貧困と繁栄』 東洋経済新報社
〈黒田清JCJ新人賞〉NNNドキュメント09「アラームに囲まれた命〜NICU…医療と福祉のはざまで」

【2011年】第54回
〈JCJ大賞〉NHKETV特集「ネットワークでつくる放射能汚染地図〜福島原発事故から2カ月」
〈JCJ大賞〉朝日新聞『大阪地検特捜部の元主任検事による押収証拠改ざん事件』の特報及び関連報道
〈JCJ賞〉毎日新聞・震災検証取材班「検証 大震災」(2011年4月〜6月)
〈JCJ賞〉岩波書店 月刊誌「世界」編集部『世界 1・5・6月号 原発特集』岩波書店(2010年12月〜11年5月刊)
〈特別賞〉市民運動「原発問題住民運動全国連絡センターと原発の安全性を求める福島県連絡会」

【2012年】第55回
〈JCJ大賞〉東京新聞特別報道部「福島原発事故後に国が設定した許容被曝量を疑問視し、危険を追及した『こちら特報部』の一連の報道」
〈JCJ賞〉琉球新報 米軍普天間飛行場返還移設問題取材班「沖縄防衛局長の『オフレコ』暴言スクープ」をはじめとする米軍普天間飛行場移設問題をめぐる一連の報道」
〈JCJ賞〉安田浩一「ネットと愛国」講談社
〈JCJ賞〉NNNドキュメント12「行くも地獄 戻るも地獄〜倉澤治雄が見た原発ゴミ〜」
〈JCJ賞〉インターネット放送局「OurPlanet−TV」の一連の報道活動
〈特別賞〉横浜事件・再審裁判=記録・資料刊行会『横浜事件・再審裁判3部作』高文研

【2013年】第56回
〈JCJ賞〉琉球朝日放送「標的の村〜国に訴えられた東村・高江の住民たち〜」
〈JCJ賞〉NHKスペシャル取材班 シリーズ東日本大震災「空白の初期被ばく〜消えたヨウ素131を追う〜」
〈JCJ賞〉北海道新聞取材班 新聞連載企画「原子力 負の遺産 核のごみどこへ」
〈JCJ賞〉布施祐仁『ルポ イチエフ 福島第一原発 レベル7の現場』(岩波書店)
〈JCJ賞〉大石芳野 写真集『福島 FUKUSHIMA 土と生きる』(藤原書店)
〈特別賞〉相馬高校放送局 同校の高校生たちが3・11大震災後に取り組む活動

【2014年】第57回
〈JCJ大賞〉憲法、安保、原発―ずばり核心を突く1面の『論点明示報道』 受賞者 東京新聞編集局
〈JCJ賞〉『避難弱者─あの日、福島原発間近の老人ホームで何が起きたのか?』 東洋経済新報社 受賞者 相川祐里奈
〈JCJ賞〉チェルノブイリから福島へ 未来への答案」 受賞者 日本テレビ同番組取材班
〈JCJ賞〉特定秘密保護法・集団的自衛権などの一連の報道活動 受賞者 TBS報道特集
〈JCJ賞〉「『ブラック企業』を社会問題化させた一連の追及キャンペーン報道」 受賞者 しんぶん赤旗日曜版編集部
〈JCJ賞特別賞〉受賞者 むのたけじ氏

【2015年】第58回
【JCJ大賞】
琉球新報 「普天間・辺野古問題」を中心にこの国の民主主義を問う一連の報道キャンペーン
【JCJ賞】
北海道新聞 佐竹直子記者 「獄中メモは問う 北海道綴方教育連盟事件」
東京新聞 「3憲法学者の『違憲』明言スクープ」はじめ一連の安倍政権追及報道
樫田秀樹『"悪夢の超特急"リニア中央新幹線』旬報社
眞並恭介『牛と土』集英社
TBS サンデーモーニング
【JCJ特別賞】
松田浩氏の長年にわたるジャーナリズム実践・研究活動への貢献

■第1回(1958年)以来の全リストは次ページにあります。